オーストラリア高校留学    ジャットセンター

ジャットセンターのサポート


ジャットセンターでは、従来のサポートに加えて、質の高い学習サポートや進路のサポートを行っています。オーストラリア全土に多くの生徒を送っているジャットセンターのサポートについて説明します。

        

   

なぜ進路サポートや学習サポートが必要なのか


ジャットセンターのサポートの中心である進路サポートや学習サポートを説明する前に、まず伝えたいことがあります。

それは、将来の大学の進学に向けて、それがオーストラリアの大学であっても、アメリカの大学であっても、イギリスの大学であっても、日本の大学であっても、試験の合否に学校の成績がとても大きく関わっていることです。

例えば、日本の帰国生入試では英語力が合否の一番のカギになっているかのように伝えていることをホームページで聞いたりしています。しかし、現実的には多くの大学では、英語力は当日試験する大学は全体の半分にも満たず、スコアを提出するのみです。各大学の入試要項をご覧いただければわかると思いますが、試験は小論文や面接が中心で、過去の合格状況を見ても、英語力での選抜ではなく、学校での成績(スクールレポートやHSCなどの成績)が大きく関わっていることは明らかです。

オーストラリアの入試も50%以上は学校での成績が評価の対象になり、アメリカなどの大学入試でもGPA(スクールレポート)などの書類審査のみで合否が決まります。

日本では、一般入試が浸透していることもあり、学校での成績が軽視されがちですが、英語圏の入試や帰国生入試では学校での成績が合否に大きな影響があることを理解してもらいたいと思います。

進路サポートの必要性


ジャットセンターは、高校留学はゴールではなく、希望する大学や学部に入学するための大切な期間だと考えています。オーストラリアでの生活の中で英語力だけでなく、学校生活や日常生活で日本での生活では得られない多くの経験をしていく中で、将来の進路に多くの選択肢を作り、希望する進路に向かって充実した留学生活をしてもらいたいと考えています。

具体的な目標を持つことは、その目標に向かうことで生徒自身が今何をしなければならないかを認識させ、留学生活をより充実したものになると考えています。

英語を伸ばすことや、海外で生活することによって、生徒も将来どんな進路を取りたいか具体的に考えるようになっていきます。しかし、大まかな情報としての進路の知識があったとしても、情報が少ないために何をしたらいいのか不安になる場合が多くあります。

ジャットセンターの進路サポートでは、希望する大学に進学するには、どんな教科を選択して、どのような試験対策をして、希望する大学に入学するには何をしなければならないかを具体的に説明していきます。

具体的な説明とは、希望する大学に入学するために必要な情報だけでなく、卒業する時期から逆算して生徒がどのくらいの英語力が必要なのか、オーストラリアの学校の成績はどのくらい必要なのか、それだけでなく、それぞれの教科で成績をしっかりと取るために何をしなければならないのか。など、英語や数学、理科などの選択教科をしっかりと分析して、それぞれの生徒のレベルに合わせた教科選択のアドバイスまでを含めて細かなサポートをしていきます。

  

学習サポートが留学生活で必要な理由


インターネットの普及などにより国際化が身近に感じられるようになりました。そのような時代の背景から考えても高校留学は早い時期から海外の生活を体験しながら使える英語力を伸ばしながら国際感覚を身に着ける選択肢になりました。しかし、実際に高校留学を具体的に考え始めると不安になることもあります。

真剣に高校留学を考える親であればだれもが感じることがあると思います。それは、海外で生活をしているだけで英語が身に着くのは小さな子供だけで、いるだけで英語力が伸びるほど世の中そんなに甘くはない。ケアや進路の話は具体的に聞くことはあっても、学校の授業の質や学習面での説明が抽象的過ぎて不安になる。

高校留学のカウンセリングをしていく中で強く感じることは、親が高校留学に対して真剣に考えて、英語力の面以上に海外で生活することによって精神面での成長を子供に期待していることです。

ジャットセンターでは、英語で社会情勢を学んだり、将来必要な勉強を学ぶことが日本で勉強していた時の環境とは大きく異なり、それが将来大学入試だけでなく、社会に出て貴重な経験になると考えています。

そのためにも、しっかりとオーストラリアの学校で学ぶ勉強でわからないことがあった時に日本語でも対応できる学習サポートはとても大切だと考えています。

   

学習サポートとは


高校留学は、学校で勉強しながらいろいろなことを覚えながら英語力を伸ばすことだと思います。ですので、学校の勉強を理解することはとても大切なことで、勉強がわからなくなれば授業も理解できず、学校の成績も悪くなってしまいます。特に、英語で勉強するのは単に英語力の問題だけでなく、英語圏の問題の解き方を理解しなければならず本当に大変なことです。

ジャットセンターでは、生徒からわからない問題があれば、しっかりと理解するまで教える学習サポートを大切にしています。

現在はLINEがあり、wi-fiの環境があれば、費用もかからず生徒が納得できるまで勉強を教えることもできます。

         

学習サポートの一例で、生徒がわからない問題があれば、LINE等で問題を送って、こちらで解説していくような学習サポートを行っています。当然、文章の説明でわからないことがあれば、通話で理解するまで教えることも可能で、直接会わなくても、十分に理解できます。

勉強がわからなくなり、そのまま放置すれば高校留学も勉強での成績が取れなくなるだけでなく、授業を理解することで、英語力や多くのことを吸収できます。

留学前から行う学習サポート


日本で学ぶ英語はあまり実践的でないことは理解してほしいと思っています。

例えば、私はねむい。と英語で誰かに伝えたいときにどのように英語で伝えますか。

多くの人が、 I'm sleepy. と伝えると思います。しかし、オーストラリアで  I'm sleepy.と言えば、学校の先生やホストの方が I'm tired. と言うように伝えます。

バスは何分間隔で出ますか。と言いたくても、なかなか英語が出ません。

How often do the buses run? もし答えが20分おきなら、 Every 20 minutes.になりますが、バスが出る。の時に、the buses のように the や複数形のsなどなかなか理解できない人も多く、また、出るをgo やcome ではなく、run にするようなこともわからない人が多いのも事実です。

他にも英語だけでなく、オーストラリアの文化や簡単な理科の用語の英語での説明など早い時期から点数を取る英語ではなく、言葉を理解することや英語の表現の仕方などをしっかりと学ぶようにしたいと思います。

この学習サポートは、希望であれば、留学を考えている人や英語や数学など勉強したい人にも有料にはなりますが、行っています。(1時間2500円)ですので、もし留学前の人であれば、定期テストの勉強の時に、その問題を含めながら、ジャットセンターの学習サポートを受けることも可能です。

結果にこだわる姿勢


結果にこだわる姿勢をジャットセンターでは大切にしています。

それは、しっかりと無理のない目標を立てて、高校留学を充実したものにしてもらいたい。そのために、進路のサポートや学習サポートを不可欠だと考えています。

そのような生徒との勉強を通しての信頼関係から、いろいろな学校のことやホームステイのことや進路のことなども自由に相談できる環境を作っていきたいと考えています。

20年以上高校留学のサポートを行ってきて、一番大切なのは生徒との信頼関係が親にも伝わり、いろんな面で関係が築かれると感じています。ジャットセンターのサポートが高校留学でとても大切なサポートであることを理解していただければと思います。