オーストラリア高校留学    ジャットセンター

ホームステイ


オーストラリアの高校に通う場合は、大きく分けて滞在方法はホームステイと寮になります。寮に関してはこちらのブログをご覧ください。

ホストファミリーにもいろいろな家族構成があり、ホームステイのルールもあります。このページではホームステイに関して説明をしていきたいと思います。

              

ホームステイで留学生を受け入れる条件


ビザの規定で、ホームステイになるにはいくつかの条件があります。

無犯罪証明書を取得する。

警察が発行する無犯罪証明書がなければホストファミリーにはなれない規定となっています。

学校からステイ先の調査

学校のホームステイのスタッフが実際に家庭に訪問して、家の中をチェックします。生徒の部屋は必ず個室で勉強机があるのが一般的です。 家を空けることがない ホストファミリーは必ず無犯罪証明書を持った成人が滞在していることが条件になります。

万が一ホストファミリーが規則違反をすると今後ホストファミリーにはなれません。

ホストファミリー


どんな家族か

ホストファミリーにはいろいろな家族構成の方がいます。ノーマルな両親と子供の家庭もありますし、定年退職をした夫婦、一人暮らしの女性、オーストラリア生まれではない家庭、ペットを飼っている家庭。

    
    ホームステイ先が決まりますと、学校よりホストファミリーの紹介のファイルが送られます。
    写真付きの詳細を送る学校もあれば、説明文だけの学校もあります。実際はホストファミリーの
    顔写真や家族構成などが書かれています。


学校までの行き方

学校までは、多くの人がバスや電車で通っていますが、ほとんど毎日車で送り迎えのホストもいます。

ホームステイのルール


ホームステイにはいくつかのルールがあります。

インターネット
現在はほとんどの家庭がフリーwi-fiがありますが、まだない家庭もあります。

洗濯
家庭によって異なりますが、基本的には部屋にかごがあり、そこに衣服を入れ、ホストが洗濯をするときに一緒にする場合が多いです。

シャワー
風呂はある家庭はありません。すべてシャワーと考えていいと思います。昔の名残でシャワーが長いと注意される家庭もあります。シャンプーやタオルはホストが用意してくれますが、自分用を使う人もいます。

食事
食事は3食付いています。朝はコーンフレークなどとトースト。学校の時はサンドイッチと果物、そして夕食です。家庭によっても差があることも事実です。

門限
夕食前に帰宅することが基本ですが、用事があれば事前に伝えれば大丈夫です。また、友達の家に泊まることも事前に伝えてホストが承認すれば問題ありません。しかし、旅行等をする場合は、学校に詳細を提出しなければならないために、実際は子供同士の旅行はできません。

地域によって異なるホームステイ


ホームステイは地域や学校によって違うと感じます。例えばシドニーやメルボルンではビジネス的な家庭が多いのが現実です。

また、留学生が多い学校では、ホストの数も増え外国人のホストファミリーなどもいる場合があります。 学校を選ぶ際に、その学校のホームステイの事情を説明しますので、しっかりと理解してもらいたいと思います。
   

ホームステイのトラブル


ホームステイでトラブルになる場合もあります。ただ、合わない場合は変更も可能ですので無理に辛い滞在を耐える必要はありません。

過去のトラブルに関して参考になればと思います。

・インド系の家庭にステイすることになって、食事を手で食べていて無理だった。
・友達の家に遊びに行ったり、ショッピングや映画に行きたいが、最寄りの駅からかなり離れているために毎回ホストにお願いするのがつらく交通の便のいい家庭に移動した。
・やたらと細かいホストマザーでシャワーの時間やインターネットの出来る時間を指定されて辛かった。
・食事が少なすぎで、かつ、シンプルすぎて自分でカップラーメンなどを購入しなければならなかった。
・ホストマザー一人のホームステイ先でしたが、ホストマザーがかなり太めの方で、彼女の靴下まで履かせてあげなければならなかった。


ホームステイのトラブルは人間関係よりも、環境によるものが大きいのが現状です。交通の便やWi−Fi、食事、門限などが多いです。

ホームステイの役割


現在ホームステイをしている生徒でも、本当に生徒とホームステイの関係が良好でストレスのない生活をしている生徒が多くいます。
これは、ホストが素晴らしいだけでなく、生徒が自分の立場をしっかりと理解してお互いにルールを守って暮らしているからだと思います。

具体的な例を伝えるのは、変な期待を抱かせることもありますので、書きませんが、ホームステイ先は高校留学にとってとても大切だと感じます。

高校留学で一番大切なことは、生徒がストレスをためないことです。その意味でもホームステイ先といい関係が過ごせることが高校留学ではとても大切です。