オーストラリア高校留学    ジャットセンター

ジャットセンターが目指す高校留学


ジャットセンターが目指す高校留学は、高校生活の充実です。

高校留学が日本の高校生活と大きく異なる点は、

海外の高校で学ぶこと
英語で授業を受けること
親元を離れて生活をすること


これらが大きな違いです。

これらの違いを理解して、留学生活をストレスのないように過ごすことで充実した生活を送れるようになり、しっかりと進路を見据えた高校留学ができると考えています。

しっかりとした目標を立てること


日本の高校で勉強している生徒も、高校生活を充実したものにして、友達などといろんな意見を交わし、学校の行事などでいろんな経験をして、そして、大学入試など進路に備えていると思います。

オーストラリアの高校留学生活も基本的には日本の高校生活と同じだとジャットセンターは考えています

友達が外国人になり、日本とは違う行事を経験して、そして日本やオーストラリア、アメリカ、イギリスなど世界を視野に進路を考えていくのがオーストラリアの高校留学が日本の高校生活と少し違う点だと思います。

ジャットセンターでは、生徒それぞれが具体的な目標を立てて高校生活を送ることをアドバイスしています。

留学して最初の1週間が過ぎたら、もしかしたら先生の話していることや友達の話している英語が聞き取れないかもしれません。そうしたら、どうしたらしっかりと英語を聞き取れるかを考ることが大事だと思います。そうしたらホストファミリーに協力してもらったり、映画やドラマを見たり、学校以外の環境を変えていくことも必要かもしれません。そのために目標、計画を立てることが大事だと思います。

帰国生入試で必要なTOEFLの勉強で英語力を伸ばそうとする人もいると思います。そうしたら、どのような対策をすればいいのか。自分に合った目標を立てていく。

留学で大切なことは時間を有効に使うことだと思います。

留学生は、日本の生活に比べて自由になる時間が増えると思います。それは、部活動に行く必要はありませんし、学校に遅くまで残る必要もありません。友達関係も当然複雑ではありませんので、普通に勉強したり、宿題をし終えても十分に時間が取れます。その時間を有効に使えるかどうかがとても大切だと思います。

時間を有効に使うために生活にリズムを持たせ、充実した留学生活をすればメリットが多くなると思います。

進路は高校生活で一番大切にしなければならないこと


高校留学は進路が第一だとジャットセンターでは考えています。

それは、留学中に体験することや、文化の違いを克服することや、英語力を伸ばすこともすべて進路に関わってくると考えているからです。

多くの体験から、自分が目指す方向性を見つける。

高校留学生は、テストの点数で進路を決めるような人はとても少ないです。高校留学ではいろいろな経験ができます。数学や理科が得意な生徒は選択教科で大学の授業を受けることも可能です。学校の授業もテストのための授業ではなく、実験が実用的な問題が多く出ますので、進路を決めるヒントになることが多いです。

また、芸術教科も実践的な教科も多く、自分たちで生き物を育てて観察したり、植物を育てたり、調理もただ作るだけでなく、地元の人を読んで実際にお金を取って料理を提供したり、ウエイトレスのように接客したり、体育でもスポーツをするだけでなく、年齢やレベルに合わせたトレーニング方法やイベントを考えたりと、学校の勉強の中で将来の進路のきっかけになることも多く経験していくことができます。

英語力を伸ばすことから、自分が目指す方向性を見つける

海外留学は、すべての体験が英語の勉強になります。学校の授業を理解すること。学校で友達と話すこと。行事に積極的に参加すること。週末にホストと過ごしたり、いろんなスポーツクラブに所属すること。今までの日本の生活のように、英語を改まって勉強しなくても英語力は伸びていきます。

英語力が伸びれば、よりいろいろなことを深く吸収することができます。深く吸収することができれば、今まで以上に経験が深くなり、成長していくと思います。英語力を伸ばすことで、日本語で学ぶこととは違った視点で多くのことを吸収でき、そのことが進路につながると考えます。

高校留学は勉強に集中する環境として最適


オーストラリアの教育は問題になることを未然に防ぐ教育で、一方、日本は問題が出たら、それに対応してケアするという教育のように感じます。

いじめ問題などが典型例で、日本の教育はいじめが起こりやすい環境を作っているように感じます。昼食の時間も決められた場所で食べ、運動会でも全員が参加する。行事も特別な理由がなければ欠席することもできない。選択教科も選択の範囲がとても狭い。中学では部活も加入しないと進学に響く地域もたくさんあります。

オーストラリアでは、昼食は自由に好きな時間に、好きな場所で食べていいし、運動会も走りたくないと思えば応援のみでも可能。行事も参加したくなければ修学旅行のような行事でも不参加でも学校が不参加の生徒に対応する。部活は当然自由参加で、基本的に学校の放課後にはできない。当然、クラスもない。これが世界の標準であり、このようにすればいじめの数も減るのは当然です。

留学も多くの方が心配するのが、親元を離れて生活が乱れるのではないかと思う人もいると思います。

しかし、現在はLINEなどで毎日のように親と生徒が話せる環境があり、子供の生活を確認することも可能ですし、学校側もホストファミリーもしっかりと留学生をケアすることを第一にして、夜に外出をしたり、学校の授業をさぼるようなこともできません。そんなことがあれば、まず強制帰国になってしまいます。

しっかりとした環境で生活をしていれば、勉強に集中することができます。日本で生活をするよりも、海外生活の方が自分が自由になれる時間は増えます。ですので、やりたいことが計画を立ててできる環境でもあります。

オーストラリアでの高校留学は、勉強や自分のやりたいことに集中できる環境が日本に比べて作りやすいと思います。時間に追われない環境はストレスとためることなく生活ができるので、本当に自分が将来必要と感じることを探すことができ、また、それに対しての時間を十分に取ることもできます。そして、生活の中で多くの選択肢を見つけることもできます。

その点では、海外での生活のメリットが見つけられると思います。

生徒や親に伝えたいこと


オーストラリアでの高校生活が、充実したものになるためにジャットセンターがサポートする一番のことは、情報量だと考えています。

将来パイロットを目指したい。という生徒がいたら、オーストラリアの学校ではそのような生徒のための授業がどのように行われ、どんな資格が取れて、卒業後の進路がどのようになり、費用がどのくらいかかるのか。

卒業後、アメリカの大学への進学を考えている場合は、試験はどのようなものになり、試験で合格するためには、オーストラリアの卒業統一試験でどのくらいの成績を取らなければならないのか。また、そのためには、入学前からどのような準備をしていくのがいいのか。

ホームページから得られる情報というのは、実はとても限られていて、いくら情報をつなぎ合わせてもオーストラリアでの留学生活はホームページの情報だけでは描くことができません。そのくらい、一つ一つの学校に特色があり、一つ一つの教科に専門性があり、それぞれのホームステイ先にも個性があり、住む地域の留学環境も大きく変わります。

私たちの持っている多くの専門的な知識を、これから留学を考える方に有効に使っていただければ、オーストラリアでの高校留学がさらに充実したものになるように、しっかりとサポートしていきたいと思います。